Short cake ~ 苺のショートケーキ

露地物の小粒の美味しい苺が出回る季節が待ち遠しいですね。

 

おそらく私たち日本人が一番好きなケーキの第1位であろう苺のショートケーキ。

実は日本生まれのケーキだってご存知でしょうか?

スポンジケーキと生クリームと苺だけという、とてもシンプルなケーキ。

しっとり柔らかいスポンジケーキに、口に入れれば溶けてしまう生クリーム、歯ごたえと言えば苺だけ。

ヨーロッパの人々からすると、この組み合わせは考えられなくて、何とも頼りない感じのケーキという印象なのだそうです。

でも、そういえばパリの郊外のシャンティイに行ったとき、お城のレストランのメニューにはクレーム・シャンティイ(つまり砂糖を入れて泡立てただけの生クリーム)という名前のデザートがあって、それにベリー添えのものもありました。

たっぷりのクレーム・シャンティイの下にたくさんベリー類が隠れているというだけのデザートです。

フランスで食べたスイーツの中では、これが一番ショートケーキに近かったです。

生クリームなしでショートケーキは、本当に難しい。

乳脂肪を口に入れた時のあの滑らかな口溶けを、他の何かで代用することは難題中の難題。

でも、「食べて美味しい」ことだけは妥協せずに作っています。

Short cake