【ご挨拶】 お元気ですか?

みなさま、こんにちは。

ティダーヌファのひらたまさこです。

 

緊急事態宣言が発令されて10日目、昨夜対象は全都道府県に拡大され、誰もが未だかつて経験したことのない不安を抱えながら、日々を送っています。

 

そんな毎日、危険にさらされながら、夜も昼もなく対応にあたってくださっている医療従事者の方々には、心より感謝申し上げます。

 

そして、お亡くなりになった方々、ご家族の方々には、心よりお悔やみ申し上げます。

 

また、今なお治療を受けていらっしゃる方々が、一日も早く回復されることを祈っております。

 

 

私自身は、事態が深刻さを増していく中、何を文字にしたらいいのかさえ分からなくなってしまい、このHPにもFacebookにも何も更新できずにおりました。

ただ春からのレッスン延期のお知らせをしただけになっていました。

 

レッスンは3月からお休みしているため、2019年後期のレッスンも延期になっていてまだ終わっていません。

プライベートレッスンも延期させていただき、スケジュール調整はまだしばらくできません。

緊急事態宣言が予定通り1か月で終わり、事態の収束が見えていることを祈るのみです。

 

けれども残念なことばかりでもなくて、今のこの空いた時間に、高齢で1人暮らしの父の様子を時々見に行くことができるようになりました。

複雑な気持ちですが、このこと自体は安心にはつながりました。

 

3月初めに手術して、だいぶ楽になったとはいえ、リハビリ中。

やっぱり心配なので。

 

 

ただ、これも迷いに迷ってのことなんですよね。

 

私が無発症感染者だったとしたら、と考えると怖い。

 

でもテレビ報道を見ていて不安が高まり、話す人もいなくて鬱になってしまったら?!と考えると、これまた怖いです。

 

だから、お料理する時もマスクしてます。

 

話すときも、父の方ではなく少し違う角度で、とか。

 

それでも同じ空間にいたら、気休めに過ぎないですね。

 

 

 

そんな風に過ごしている間、経済活動がほぼストップしてしまったこの状況で、「今できること」をたくさんの方々が始めていくのを目にし、感じること、考えること、励まされること、たくさんあります。

 

私にできること、誰かの役に立てること、なんだろう?

 

考えるけれど、なかなか思い浮かばず、結局はやはり

 

stay home

 

これに尽きるんだなって思います。

 

誰かに感染させるリスクを、私も持っている。

そう自覚して過ごすことが今できる最低限のこと。

 

父の所へ行くときも公共交通機関は使わずに。

他は食料品を週に2回ほど買いに行くだけで

お家にいよう。

 

みんな、それぞれの環境、事情の中で頑張ってる。

1日でも早く皆さんに会える日が来ることを祈りながら、その日の準備をしよう。

 

 

みなさん、どうぞご自愛くださいね。

 

 

ティダーヌファ ひらたまさこ