【Vegan Afternoontea】久しぶりのパリ一人旅レポート

かれこれもう半年前の話になってしまいました。

2月に行ったパリでのことは、できるだけ現地で記録しておくつもりでしたが、欲張って歩き回りすぎて、後半はそんな余裕もなくなってきてしまい、今に至ります(^^;

 

でも、このHPを見に来てくださる皆さんには、きっとこの情報は喜んでいただけるはず!と思い、ずっと気がかりでいました。やっと今日ご紹介できます。

 

シャングリ・ラ ホテル パリ で、かなり質の高いヴィーガンアフタヌーンティーを出していると、Foucade Paris のシェフに教えて頂いたのは、帰国日の2日前でした。

それは行かねばっ! と、急遽予定を変更して行くことに。予約できてラッキーでした♪

Shangri-La Hotel Paris 1

一人でシャングリ・ラに入るのも気が引けますが、サロンに一人で入るのはもっと勇気が要ります。でもここは堂々と?!(していられたのかどうかは不明….笑)

 

窓際の居心地の良いテーブルに案内されました。

 

結論から言いますと、本当にレベルが高く、素晴らしかったです。

 

画像でご紹介しますね。

最初にお茶とボンボン・ショコラ3つができました。

ティーポットは鉄瓶です。

Shangri-La Hotel Paris 2

ヴィーガンとはまったく感じない滑らかさとコク。

 

そして3段のアフタヌーンティープレートに、さらにプチガトーのお皿が出されました。

Shangri-La Hotel Paris 3

 

お勧めのいただき方も丁寧に教えてくださいます。

 

各お皿のアップ画像♪

Shangri-La Hotel Paris 7

塩味系、手前の生春巻風のものは、大根の桂むきのような薄いスライスで巻いてあります。

 

続いてプチフールセック、ドゥミセック、トリュフ。一つ一つが個性的です。

手前のクッキー2枚は見た感じ似ていて少々がっくりきたけれど、それも食べてびっくり。味も風味も食感も違いました。少しでもがっくりしてごめんなさい、と思いました(^^;

Shangri-La Hotel Paris 6

ケークにはオレンジの花の水の香りが!久しぶりの大好きな香りでした♪

 

栗のスコーン。少しパンのようなしっとりかげん。添えてあるクリームが絶品でした。

Shangri-La Hotel Paris 5

 

最後にプチガトー

Shangri-La Hotel Paris 4

 

美しいのはもちろんですが、中身も複雑な構成になっています。

どれも個性的でしたが、とくにこちらはびっくり。初めての体験でした。

ココナッツクリームのムースの中は、フレッシュなコリアンダーと共にコンポートにしたパイナップル。確かに相性は良いかもしれませんが、日本人にはコリアンダーはほのかに香る程度のほうが良いかも?と思いました。でもこの発想があまりにも新鮮&衝撃的で忘れることができません!

Shangri-La Hotel Paris 10

 

こちらは柿のジュレが中に入ったケーキ。グラサージュも柿の果汁で作ってありました。

柿をここまで使いこなすという発想は、私達日本人には日常的すぎる果物であるがゆえに、なかなか出てこないかもしれないですね。

ジュレの下のフィナンシェに似た生地は、オレンジの花の水の香りがしていました。嬉しかった♪

Shangri-La Hotel Paris 9

 

モンブランは安定の組み合わせ。

カシスと栗の組み合わせは大好きです♪

土台はパン・ド・ジェンヌのようなしっとり生地。

Shangri-La Hotel Paris 8

 

どれも半分ずつしか食べられませんでしたが、満喫しました。

 

と同時に、ますます探究心が湧いたのでした。

 

色々聞いてみたかったのですが、ギャルソンの方々には

「そう、私共のシェフパティシエはものすごい研究熱心で、素晴らしいんです」

とさらっとかわされてしまいました~

 

パリに行かれる際にはぜひ体験していただきたいです。

予約されるのがお勧めです。